福岡県醤油醸造協同組合 本文へジャンプ
設備案内

 連続蒸煮缶

大豆を、130℃の高温で連続して蒸します。
処理量 5トン/時間

大豆が麹菌に分解されやすいように蒸されています。


 小麦焙煎機

選別された小麦を、高温にて焙炒します。
2トン/時間×1機
3トン/時間×1機
焙煎後は、割砕機で粉にします。


 自動製麹機

製麹室で約45時間かけて麹を造ります。
コンピュータ制御で麹の生育状況をを管理しています。
270石(33トン)×1機
180石(22トン)×2機  


 屋外発酵タンク
諸味は半年かけて麹菌酵素、酵母菌、乳酸菌の働きにより発酵熟成されます。
屋外式発酵タンク 130kl×42基, 240kl×2基,43kl×10本
屋内式発酵タンク  43kl×30基
(総発酵タンク容量 7,660kl)

 Y2型圧搾機
諸味を絞り、固液分離する工程です。
山崎鉄工所 Y2型 24kl/日×3機、Y1型 12kl/日×1機

 全自動珪藻土ろ過機

生揚をろ過し清澄させます。ろ過及び珪藻土処理工程を全て自動で行います。濁度計にて、ろ過生揚の濁度を常時監視し品質保持しています。また、使用した珪藻土は脱塩後、脱水し、土壌改良剤としてリサイクルしています。ワイヤーメッシュ式10kl/時間×1台、3kl/時間×1台日本フローコントロール東京特殊電線


 膜ろ過装置
0.1μmのメンブランフィルターで完全除菌を行います。

火入装置
生揚の一部は火入れにより加熱殺菌を行います。

   Copyright (C) 2010 Fukukoka Soy sauce Brewing Cooperation All Rights Reserved